視力の低下で悩んでいませんか?

視力の低下に悩んでいませんか?
「ながらスマホ」というぐらいスマホが全盛となってきています。
そのせいか視力が低下に悩む人がどんどん増えていっています

視力の低下に悩んでいる人は以下のような感じです。

・視力検査でC判定
学校で定期的にある視力検査で今まではA判定だったけど急にC判定となって眼科に行くようにという紙をもらってきた

・黒板の字が見えない
学校で席替えがあり後ろのほうの席になったので黒板の字が見にくくなった。今までは後ろの席でも見えていた。

・テレビを見る際に目を細める
今までは特に気にしたこともなかったけど子供がテレビを見る際に目を細めて見ていることが多くなった。

・ゲームやスマホによる
子供にスマホやゲームをさせていたけど視力が急に低下した

・眼鏡が合わない
眼鏡を変えたばかりだけど度数が合わなくなりすぐに見えなくなった。

・片目の視力だけが低下
片目の視力が低下したため頭痛や肩こりが起こる

視力が低下した原因は

視力が低下する原因にはいろいろな原因があります。
主に生活習慣的な要素が多いのですが、中には疾患が原因であったり遺伝が原因であることもあります。

まずは、専門医の診断を受けて疾患が原因で視力が低下したのではないということを調べないといけません。

疾患が原因でなく生活習慣的な要素が原因である場合は、生活習慣を改めることで視力がさらに低下することを防げることもあります。

視力が低下する原因には以下のようなことがあります。
・疾患によるもの
・遺伝によるもの
・ゲームやスマホのやり過ぎで眼の酷使によるもの
・勉強をする際や本を読む際の姿勢の悪さによるもの

視力が低下したらどうするか?

視力検査でC判定が出たら学校からは眼科に行くように言われます。
裸眼ではなく矯正視力が悪い場合はメガネ屋に行かないといけません。
学校の座席の問題や眼を細めても見える場合は、すぐに眼科に行く必要はないかもしれませんが、さらに視力が低下すると眼科に行かないといけません。
眼が悪くなると行くのは眼科ということです。

・眼科
眼科に行けばメガネを勧められます。
眼科医には近視を治療するという考えはなく視力は矯正するものという考えがあるからです。
すぐにメガネを掛けない場合は、ミドリンという点眼薬やワックという機械を使って治療をします。
しばらく行って効果がでなければメガネを勧められます。

・レーシック
矯正手術を行い視力を回復させます。
手術を行っても再度視力が低下したり、副作用がでたりすることがあります。

・視力回復センター
昔ほどは多くありませんが、視力回復センターというところがあります。
有名なところでアイトレーニングがあります。
視力回復センターといってもセンターによってやり方は異なりひとくくりにはできません。
現在は、時代の流れか減りつつあります。

・サプリメント
サプリメントを飲むという方法があります。
サプリメントは薬ではなく目にいい成分を効率的に摂取するためのものです。
眼にいい成分と言えばアントシアニンです。